ClipLine サーベイコラム
〜「顧客の声」を起点にした「より良い現場づくり」のヒントをご紹介〜

従業員満足度に投資する価値とは?重要性と事例を解説

社内の従業員を満足させるために、あなたの会社ならどのくらいの費用を投資しますか? 「社内マーケティング」という言葉があるように、従業員の満足度に目を向けることは、今や顧客を満足させるのと同じくらい重要になっています。 実際、従業員満足度と顧客満足度の間には、深い相関関係があるともいわれています。今回は、従業員満足度について、その調査方法や、顧客満足度・業績との関係、向上させるための取り組み事例を紹介します。

記事を見る

QSCを高レベルで保つ企業が常日頃実践していることとは?

飲食をはじめとするサービス業に従事している人なら、「QSC」という言葉を一度は耳にしたことがあるはず。QSCとは、これは店舗全体の質を高めるために徹底すべきことを表した略語です。 QSCが重要であることはわかっていても、特に店舗数の多い企業では、すべての店舗を統制し、一定の質を担保するのは非常に難しいことです。そこで今回は、QSCの代表的な課題を挙げるとともに、QSCを高レベルに保つ日本マクドナルド株式会社や株式会社銚子丸の事例を取り上げ、同社が実践するQSCを具体的に紹介します。

記事を見る

「顧客の声」を集め即分析・共有へ──飲食店の改善サイクルを圧倒的に速める「ClipLine サーベイ」

この記事は2022年8月23日に飲食店のためのメーカー情報マガジン「FOOD FUN!」に 掲載された記事広告の内容を一部加筆・修正の上転載したものです。  ClipLine株式会社はこのほど、顧客アンケート収集・分析ツール〈ClipLine サーベイ〉をリリースした。このツールは、外食を始めとしたサービス業の現場で利用客が回答するアンケートの作成から、店内などで読み取るためのQRコードの展開、回答促進のためのクーポン発行や分析まで、低価格で簡単に行うことができるものだ。

記事を見る

小売業界の組織改善ノウハウを元に開発 顧客の声をリアルタイムに収集し、 店舗の改善サイクルを実現する「ClipLine サーベイ」

この記事は2022年8月17日に「ダイヤモンドチェーンストアオンライン」に掲載された記事広告の内容を一部加筆・修正の上転載したものです。 小売業界では慢性的な人手不足やコロナ禍での働き方改革、店舗オペレーション改革などの課題が山積みとなっている。 ECの台頭による競争激化の影響もあり、あらためてリアル店舗でのサービス品質・顧客体験の向上が求められるようになっている。 多店舗・動画マネジメントシステム「ClipLine」を小売業や外食、サービス業を中心に1万5000店舗以上に提供しているClipLineは、 そうした課題を解決するため、新たに顧客アンケート収集・分析ツール「ClipLine サーベイ」を発表した。 リアルタイムに“顧客の声”を収集し、企業の本部・店舗・スタッフが素早く改善施策を実行に移せる、 店舗・従業員の品質向上につながる仕組みを低コストで提供する。

記事を見る

タグ一覧